Xserver(エックスサーバー)でWordPress(ワードプレス)をインストールする方法

Xserver(エックスサーバー)には、Wordpress(ワードプレス)の簡単インストール機能がありますので、それを使ってインストールします。


エックスサーバー

最初にデータベースを作っておく

WordPressは、『MySQL(マイエスキューエル)』というデータベース(データを入れておく場所)が必要です。
簡単インストールで自動的にデータベースを作ることもできますが、名前をわかりやすくするため、あらかじめ作っておくことにします。

Xserverのサーバパネルから、MySQL設定へ

エックスサーバーのサーバパネルにログインし、『MySQL設定』のメニューに進みます。

設定するドメインを選びます。

『MySQL追加』のタブを選んで、MySQLデータベース名の空欄に、自分でわかりやすい名前をつけます。
ドメイン名の名前部分(.comを省いた手前)にするのがおすすめ。ただし、ハイフンなどの記号は使えません。

確認して、

作成完了です。

データベースのユーザを作成します

同じくMySQL設定メニューの上のタブに、『MySQLユーザ追加』というものがありますのでそこをクリック。

MySQLユーザーIDを決めて入力します。自分がわかりやすいものでOKです。
パスワードも設定します。

このユーザIDとパスワードは、Wordpressのインストールに必要ですので、きちんと覚えておいてください。

データベースにユーザを割り当てます

データベース(MySQL)は、ユーザを設定しなければなりません。

MySQL設定から『MySQL一覧』タブを表示します。

作成したデータベースの、右側『アクセス権見所有ユーザ』から、作成したユーザIDを選び、『追加』ボタンを押すと、左側の『アクセス権所有ユーザ』にそのユーザIDが移動します。

これでユーザ割り当ての完了です。

WordPressのインストール

データベースができたら、Wordpressをインストールします。

メニューの『自動インストール』を選びます。

インストールするドメインを選びます。

『プログラムのインストール』タブを選択し、

『Wordpress日本語版』の『インストール設定』ボタンをクリックします。

インストールURLを設定

ブログ名は、決まっていれば入力、まだならとりあえず適当に入れておけばOKです、後で変更可能です。

ユーザ名とパスワードは、Wordpressのログインの時に使います。
セキュリティのため、データベースのユーザ名とパスワードとは、必ず別のものにしてください。

メールアドレスは、何でもOKですが、同じドメインで作っておいたメールアドレスにするのがおすすめです。

Xserver(エックスサーバー)でのメールアドレスの作り方

データベースを選択

「自動でデータベースを選択する」 ではなく「作成済みのデータベースを利用する」を選択し、

先ほど作った「データベース名」「データベースユーザ名」を選択し、データベースユーザに設定したパスワードを入力します。
(Wordpressのユーザ名とパスワードではありませんので注意)

『インストール(確認)』ボタンをクリックします。

確認画面が出ますので、内容を確認。

これでWordpressのインストールは完了です。

リンクをクリックして、
表示されているIDとPASSWORD(パスワード) でログインすることができます。

このIDとパスワードは忘れずにメモしておいてください。
(万一、忘れた場合はFTPを使って設定ファイルをダウンロードして見ることは可能です)

WordPressのIDとパスワードは、自分のパソコンの場合、ブラウザに保存しておくと便利です。


エックスサーバー

タイトルとURLをコピーしました