WordPress(ワードプレス)インストール後のSSL対応(https化)設定の方法

XServer(エックスサーバー)の自動インストールでWordpressをインストールした場合、ドメインをSSL化したものに変更する必要があります。

WordPressにログイン

簡単インストールで表示されたリンクへ移動

Xserver(エックスサーバー)でWordPress(ワードプレス)をインストールする方法はこちら

設定したユーザ名とパスワードで、Wordpressにログインします。

ブラウザにパスワードを保存しておくと便利

ブラウザによっては、ユーザ名とパスワードを保存するかどうか聞いて来る場合があります。

ご自分だけが使うパソコンの場合、OKを押して保存しておくと、次からパスワードなどを入力しなくていいので便利です。
共用パソコンではセキュリティの問題がありますので、保存しないでください。

WordPress設定→一般を開く

ワードプレスにログイン後、左側に出るメニューから『設定』→ 『一般』を選んで開きます。

一般設定画面の
Wordpressアドレス(URL)

サイトアドレス(URL)

『http://』 の部分を両方 『https://』 に変更します

変更したら、サイトの下のほうの『変更を保存』ボタンを押します。

SSLが反映されていないと

SSLは設定してから反映されるまで、数時間がかかります。

Xserver(エックスサーバー)へのログインと、ドメインの設定

反映されていない状態で、ドメインにアクセスすると、Googleクロームだと以下のような画面が表示されます。

この接続ではプライバシーが保護されません

攻撃者が、(ドメイン名) 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID

ブラウザのアドレスバーも、X(バッテン)が出て『保護されていません』となります

この場合、まだ、SSL(https)が有効ではありませんので、しばらくお待ちください。
時間がたてば反映されます。

反映されますと、正常にサイトが表示されるようになり、

『保護された通信』になります。

もしも表示がおかしいなら、クッキー削除

https:// が反映されても、ページごとに表示がおかしい場合もあります。
その場合はブラウザのクッキーを削除すると正常になります。

SSL対応の必要性

SSL化することによって、通信が暗号化されますので、セキュリティが強化されます。
とくにメールフォームなどは、暗号化されないとすべての情報を盗み取られる恐れがあります。

また、検索エンジンのグーグルが、SSL化しているサイトを今後優遇するというアナウンスをしています。

SSLは以前は高額でしたが、エックスサーバーをはじめ、無料で簡単にSSLを設定できるサービスを提供する会社がでてきています。

あとからSSL化するのはアドレスの変更など面倒なことが増えますので、できれば最初に設定しておくことをおすすめします。

Wordpress
この記事を書いた人

フリーのパソコンインストラクター、WEBコンサルタントをしています。
愛知県瀬戸市で小規模のブログ勉強会を運営中

サエコをフォローする
SAEKOSENSEI.com
タイトルとURLをコピーしました