WordPressの次に来るものは何か

まず最初にお断りしておきます、この記事に答えは出ていないです。

私はWordpress(以後WP)を教える仕事もしています。ですので、WPを選択する時代はそろそろ終わりそうだと認識するのは辛いものがあります。ですがこれは認めなければいけない現実でしょう。

近い将来、WPはBlock Basedになり、単なるブログではなく、ブロックエディタを使ったサイトビルダーへと変貌を遂げようとしています。

これが起爆剤となり、さらに多くの人がWPを使うようになるのかもわかりませんが、大きな変革であることは間違いないです。そしてそれは一時代の終わりだと考えます。

制作者(デザイナー)はテーマでデザインを制御できなくなり、クライアントは自由に色とりどりのブロックを組み合わせて自由にページを変更することができるようになります。

私はWPの前身であるb2/Cafelogの頃から使っていたという筋金いりのWP信者です。

Movable Type(以後MT)が全盛の頃も、MTももちろん使いましたが、WPを愛用していました。

WPはカスタマイズも簡単でSEOも強い、夢のツールでした。今まだ、そして当面の間、最強なのは間違いないです。

ですが、WPはToo Much で Too Fatになりました

ちょっとした日記のようなものから、数ページのコーポレートサイトに至るまで、ここまでのシステムは必要ないです。

私個人は、もっとシンプルに、無駄をそぎ落として、コンテンツに集中できる仕組みが欲しいと考えています。

サーバのコストもかかるし、メンテナンスの手間もかかるし、動的だから表示も遅いし。。見切りをつけようという気持になると、欠点ばかりが目についてきてしまっています。

かといって、現状、代替手段となるものがまだ見当たっていません。

日記を書きたい方にはレンタルブログやNoteなどのプラットフォーム。でもこれらも意図しない広告や他人のコンテンツを挟まれるなどして、自分でコントロールができないのが気に入りません。

Gatsbyなどの静的ジェネレーターは私は興味はありますが、エンジニアではない一般層には絶対普及しないと断言できます。

ホスティングも選択肢がまだ少ないですし、ヘッドレスCMSもまだWPほど書きやすいとは言えません。それにたった数ページ作るために数千のnode_moduleファイルを生成するのもどうなのかな?と思ったりもしています。

ちょっとしたつぶやき日記を書くために、VSCodeを開くの?というのもあります。

ノーコードでWEBサイトが作れるサービスもたくさんでてきましたので、それらが主流になってくるのかもしれませんが、日記のようにページ数の多いサイトはまだ苦手なはずです。またデータのポータビリティも良くなさそうです。

静的ページ生成ということならMTもありかなと思ったんですが、再構築が面倒だからWPを選んだんだよなあと思い起こすとそれも選択肢に入りづらいです。

いっそ昔のように手打ちのHTMLホームページに回帰するのが最強なのかも、、とすら思ったりもしています。

タイトルとURLをコピーしました