SIMフリーのモバイルWi-Fiルータについて

スマホのほかに、タブレットを複数台持っていたり、外でノートパソコンを使ったりする方は、SIMフリーのモバイルWi-Fiルータが一台あるととても便利です。

b-DSC07603

モバイルWi-Fiルータとは

家でインターネットを使っておられる方、無線でインターネットができているなら、Wi-Fiという無線のネットワークを使っています。

家の中の場合は、インターネットのプロバイダ(通信業者)を外から線を引いてつなぎ、家の中にあるルータという機械で電波を飛ばしています。

そして、外では家のインターネット電波は利用できません。

外でも、インターネットを使うためには、別の通信のしくみが必要です。

それを実現するのが、モバイルWi-Fiルータです。モバイルとはmobile 動き=持ち運べる という意味です。

モバイルルータにもプロバイダがあります。

スマホのプロバイダ

スマートフォンも、インターネットを見たり、メールをするなどのデータ通信には、モバイルのプロバイダを通して通信をしています。

例えば、ドコモ、やAU、ソフトバンクもインターネットプロバイダの一種です。

そして格安SIM会社も、モバイルのプロバイダーです。

それらのプロバイダ=通信会社を使っているので、外でもインターネットを利用できるんですね。

スマホのテザリング機能

スマートフォンにはテザリングという機能があります。

これは、スマートフォンをモバイルWi-Fiルータとして利用して、他の端末、タブレットやノートパソコンが外でも利用できる機能です。

ちょっと利用するだけならテザリングがとても便利です。

スマホのテザリングの欠点

ただしこれを使うと、スマートフォンのバッテリーがどんどんなくなります。

また、速度がどうしても遅くなります。

そしてそもそも、SIMフリーではないスマートフォン、ドコモやAUのスマートフォンをそのまま使って格安スマホを利用する場合、テザリングは原則できません。

モバイルWi-Fiルータの便利なところ

モバイルWi-Fiルータは、ルータ専用の機械なので、速度が速いです。
また電池消費もスマホテザリングに比べてとても少なく、長時間接続できます。

機種にもよりますが、SIMを2枚さして使い分けることもできます。
SIMフリーのものを選んでくださいね。

モバイルWi-Fiルータの欠点

荷物が一つ増えることでしょうか、でもスマートフォンよりもとても小さくて軽いので、それほど負担にならないと思います。

あとは本体の値段が少々高いこと。格安スマホの会社から分割で買ったり、アマゾンから安く買うことも可能です。

タブレットにSIMをさすより、ルータのほうが良い理由

タブレットは、機種それぞれで格安SIMの相性やサイズが違います。
またかい買えたりしてサイズが変わったら、またSIMの用意し直し。SIMを発行するには3000円程度の手数料がかかります。

それよりは、モバイルWi-Fiルータが一台あれば、タブレットを買い替えても問題なくWIFI接続で使えます。

またSIMありのタブレットよりも、SIMなしのWi-Fiモデルのほうが安いです。
iPad等の場合、SIMありを買う差額でルータを買えてしまうくらいです。

Wi-Fiのあるパソコンもつなげられるので、家のインターネットが万一故障などでつながらなくなった場合、工事の人が来るまで、臨時で使うこともできます。

モバイルWi-Fiルータのおすすめ

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN です。

デュアルSIM 対応で、2枚SIMが挿せます
SIMの大きさは microSIM です。

筆者も使っていますが、快適ですよ。

少し値段は高いのですが、安さにつられてノーブランドのものなどを買ってしまうと、使い物にならず結局損をします。
このルータなら、たとえタブレットを買い替えたりしても、長く使えます。

モバイルWi-Fiルータについてまとめ

外でのネット通信は、スマートフォンのテザリングでも可能ですが、

タブレットやノートパソコンを複数外でつないで使いたい場合、

快適に使うにはモバイルWi-Fiルータがあるととても便利です。

タイトルとURLをコピーしました