まずは書くことを習慣づける、日記からはじめましょう

ブログ等もやったことがない、全くの初心者の方は、まず、お金のことはいったん意識から外し、『ネット上に書く』ということを習慣づけることからはじめてください。

これから毎日、一日一回、必ず日記を書きましょう。

書く時間帯と、書くのにかかる時間を決めておくのがおすすめです。

最初は、下手な文章でも、文字数が少なくても構いません。

ただ、大切なのは、『人に読んでもらう』ということを意識してください。

ファンブログで新規記事の書き方

前回の記事にも書きましたが、ブログの管理画面から、『新規記事を書く』をクリックします。

diary-01

入力画面が開いたら、実際に日記を書いてみましょう。

diary-02

ブログの記事に必ず必要なのは、『タイトル』と『本文』のみです。
その他は、最初はわからなくて構いません。

ファンブログの場合、右下に文字数が表示されますので大変便利です。

下の部分に『プレビュー』が表示されます。
プレビューとは、記事を一般に公開する前に、見栄えを確認できる機能です。

上の画像のように、文字だけでできている文章の場合、プレビューもあまり変わりませんが、これから先、画像を使ったり、文字を装飾したりするようになってくると、プレビューで見栄えを確認するのが重要になってきます。

ただし、上記画像内の下にある、自動プレビューの場合、一定の時間で自動的に表示されるので、すぐに反映されるわけではありませんので注意してください。

手動プレビューを確認してみます

記事を書いたら、下の方にスクロール(移動)し、手動でプレビューを確認してみます。

『プレビュー』というボタンを押してみてください。

diary-03

すると、別画面が立ち上がります。
もしも立ち上がらない場合、ブラウザの『ポップアップを許可』してください。

fanblog-05

公開前に、実際の見た目を確認することができます。

投稿する

少し、文字がぎっしりしていて見づらいですが、見た目のほうはあとで調整していけますので、今の段階はこれでいいでしょう。

fanblog-06

『投稿する』ボタンを押します。

投稿すると、記事が全世界に公開されます。

※ですがブログを作ったばかりの最初はほとんど人は来ません。とはいえ、誰にでも見ることができることは間違いありませんので、公開されては困ることを書かないよう、注意しましょう。

下書き保存

もしも、一呼吸おいて、あとで公開したい場合は、『下書き保存』ボタンを押すと、未公開の状態で保存しておくことができます。

fanblog-07

書きかけの記事は下書き保存しておけば、外からは記事が全く見えませんので安心です。

下書きした記事を見る

ブログの最初の画面から

fanblog-08

『記事の編集』ボタンを押します。

『記事一覧』の画面になります。

fanblog-09

少し小さくて見づらいのですが、編集したいタイトルの下にある『編集』というリンクをクリックすると、通常の編集画面がでます。

尚、この記事一覧のところから、タイトルだけ修正したり、削除したりできます。

記事の削除

先ほどの記事一覧画面から

fanblog-10

消したい記事の頭の□ボックスにチェックをいれ『チェックした記事を削除する』ボタンを押します。

もしくは、、

fanblog-11

記事編集画面の右上の『記事を削除』からでも削除できます。

とりあえず、1週間、続けてみましょう。

かならず毎日1記事、ブログを書いてみることからはじめましょう。
初心者の方は、書くことに慣れていないので、まずは習慣づけることが大切です。

普段から、SNSやメールなどで書くことは慣れている方は、ネットに公開するという意識に慣れてください。
”知らない人に読まれる”ということを前提にして書くことです。

すでにブログに慣れている方は、とにかく毎日一記事、続けてみてください。

書くネタは?

最初のうちは、朝起きて。。歯を磨いて。。。程度でも構いません。
思いつかない場合は、天気、食事、体調で良いです。

少し書けるようになってきたら、出来事やテーマを絞って書いてみてください。
人に教えたくなるような、面白い知識などが書けるととてもいいですね。

難しく考えなくても、テレビでみた健康情報や、ひとから聞いた面白い話などでも十分です。

ただし、アフィリエイト副収入を前提としたブログの場合、ネガティブ(暗い)話や、論争になりそうことは避けたほうが良いです。
事件や政治、信教などですね。

健康や美容などの、ちょっとした悩みや、軽い愚痴などはいいですよ。
個人情報がばれない程度に書いてみてください。

書く内容については、今後さらに詳しく書いていきますので、まず最初の一週間は、肩肘はらないで、楽に、楽しいことを書いてみましょう。

文字数は

まずは何文字でも構いません。
最初のうちは文字数より、時間で区切ったほうが良いです。

30分でどのくらい書けるか、試してみてください。

タイピングがたどたどしく、時間がかかってしまう場合、3行でも構いません。
頑張って書いてみてください。

※キーボードを見ないでうつタイピングは、できるようになると今後ものすごく役に立ちます。
慣れるまでは大変ですが、1ヶ月がんばると人生が変わりますよ。

まとめ

新規に記事を書いて、公開する方法を学びました。
一時的に下書きを保存し、再度開いてみる方法、
削除する方法も学びました。

次回は記事の書き方について、もう少し詳しくお話していきます。

タイトルとURLをコピーしました