PhotoshopがなければGIMPを使えばいいじゃない?いらすとや透過画像の合成をしてみました

昨日Twitterで、#あなたに似ているいらすとやのイラスト というのがトレンドに上がってきていました。

私のTwitterはこちらです→ @saeko

私に似ているいらすとやのイラストは?

こちらが似てるんじゃないかな?とちょっと思いました。

男装する女性

・・・でも、私は髪の毛が短いので、ちょっと修正したくなりました。

こんな感じ、似てますか?

ぱぱっとフォトショップで合成

私はAdobe(アドビ)のPhotoshop(フォトショップ)を使っていますので、これの消しゴムツールでぱぱっと簡単に消してみました。

背景が千鳥格子になっているのは、『透明』ということを表しています。

Photoshop持ってない方におすすめは、無料ソフト『GIMP』

Photoshopは使いやすくて高機能なのですが、価格が月額1500円以上からと、プロではない限りなかなか手が出しづらいソフトです。

プロでもないのに画像ソフトに月額1000円以上もかけるなんて・・・

そうですよね~。

無料でPhotoshopと同じような画像合成ができるソフトはないの?という方におすすめしているのが『GIMP(ギンプ)』です。

↓GMPはこちら

GIMP
GIMP - The GNU Image Manipulation Program: The Free and Open Source Image Editor

英語サイトですが、ソフトをインストールすると日本語になりますのでご心配なく。

GIMPの操作

普段Photoshopを使っている私は、操作感が違ってちょっとイライラするのですが、慣れの問題だと思います。

消しゴムツールも簡単に使えます。

Windows付属のペイントとかでも消しゴムは使えるのですが、透過背景を保持したまま編集したり、背景を合成したりすることができません。(厳密にいうと出来るんですがメンドクサイ)

もちろんトリミング(画像を切り取ること)もできますし。

背景を合成することもできます。

こうしてできた画像で・・・

Cocoonの吹き出しキャラを作ることもできます

男装サエコ
男装サエコ

GIMPはとっかかりが難しそうですが、いくつかのコツを知ればカンタンに使えますよ!

GIMPで文字の縁取りを作る

ついでなので、この記事のアイキャッチ↑も5分くらいで作りました。(センスがいまいちなのはご了承を😅いらすとやさんの絵とUnsplashのお洒落画像はアンバランス)

文字の縁取りは、Photoshopは簡単にできるのですが、GIMPは少し面倒なステップが必要です。これも慣れですが・・・

文字のレイヤーを選択し、右クリック。

『不透明部分を選択範囲に』を選択します。

次に、選択メニューの

『選択範囲の拡大』を選択。

選択範囲の拡大量を入力します、縁取りの太さですね。ここでは10ピクセルを指定しました。

今度は、『レイヤー』メニューから

『新しいレイヤーを追加』を選択。

レイヤー塗りつぶし方法が『透明』になっているか確認してOK

新しくできたレイヤーは、縁取りしたい画像の下に持っていきます。

そしたら『塗りつぶし』ツールで好きな色で塗りつぶします。

う~ん書いていても実にメンドクサイですね。。。でも、慣れです!キッパリ

GIMPは癖がある、けれど無料!

似ているいらすとやのイラストの話からだいぶ派生しましたが、

今回の画像をGIMPで作る際、久々にGIMP使ったのでかなり調べながらやりました。Photoshopと比べると少々操作感は劣るのですが、なにより無料は代えがたいです。

マリーアントワネット?
マリーアントワネット?

Photoshopが無ければ、GIMPを使えばいいじゃない?

ほとんどのことはGIMPで出来てしまうので、画像の合成をしたいけれど、Photoshopを課金するほどではな~という方は、がんばって使ってみてはいかがでしょうか?おすすめです!

GIMP
GIMP - The GNU Image Manipulation Program: The Free and Open Source Image Editor
タイトルとURLをコピーしました