おすすめ格安スマホセット

シニアにおすすめの、格安スマートフォン端末と、格安音声SIMのセットです。
これさえあればすぐにスマホ生活が始められます。

2017/7/7更新

格安人気機種で選ぶ

多くの格安スマートフォン本体が売られていますが、人気の高い機種から選ぶことがおすすめ!
よりすぐりの3台をご紹介します。

日本ブランドなら 『富士通arrows M03 (アローズ)』

arrows03

日本メーカー製、防水・おサイフケータイつき。

格安スマホのほとんどが、中国・台湾などの中で、やっぱり日本メーカーがいいな、、という方はこちら。

一括支払い3万円強と、ちょっとお高めですが、防水機能やおサイフケータイなど、さすが日本メーカーの気配りある機能を搭載しています。

高い、とはいっても、各キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でスマートフォンを買おうとすると、10万円近くしてしまうので、それと比べればとても格安ですよ。

富士通arrows M03 (アローズ)が買えるおすすめ格安スマホ会社

高級人気機種なら HUAWEI P10 Plus(ファーウェイ)


筆者が愛用しているのはこちら

2017年度大ヒット高機能スマホ、Leica(ライカ)のダブルレンズカメラと最先端テクノロジーを搭載しているので、写真を撮るのに最高。
大きめの5.5インチも使いやすい。

ファーウエイとは
台湾のメーカーASUS(アスース)と並び、最近人気急上昇中の格安スマホメーカーHWAEI(ファーウェイ)。
中国・深センの会社です。中国と侮るなかれ、スマートフォン、タブレット、パソコンと、そのコストパフォーマンスの高さで確実に評価を伸ばしています。
筆者は、『HUAWEI Y6』というシンプルな廉価モデルを愛用中です。

スポーツのスポンサーで、ロゴマークにご記憶がある方もいらっしゃるかもしれません。

売れているスマートフォンは、使っている方の口コミや情報が多いので、トラブルのときに検索結果が多く調べやすいです。

実売一括価格は6万円以上と、かなり高価な部類にはいりますが(それでも三大キャリアで売られてるものより3万円近く安い)格安スマホでもストレスない高級機種が使いたい方にはおすすめです!

また、HUAWEI P10 シリーズには、5万円代の『HUAWEI P10』、2万円代で買える『HUAWEI P10 lite』もありますので、ご予算に応じて選んでみてはいかがですか?

今のおすすめは楽天モバイル


楽天モバイル

とにかく安いスマホなら Alcatel PIXI 4(アルカテル ピクシー)

最安値で選ぶなら、現在はこの機種、画面は5インチと小さめです。

Alcatelスマホを出しているアルカテルモバイルは、 TCLコミュニケーションという、中国広東省に本社のある会社です。

このAlcatel PIXI 4現在一番安い機種で、ジャスト1万円程度で買えてしまいます。
ただし、メモリが1Gしかなかったりするなどスペック機能は低いので、重いアプリをたくさんいれてバリバリ使うには向いていません。

はじめてで、ためしに格安スマホなるものを使ってみたい方。
パソコンメインで電話とメール、LINEくらいしか使わない方や、すでに他の携帯端末を持っている方が予備のサブ機として持つには良いと思いますよ。

筆者も同じくらいのスペックの格安スマホ『HUAWEI Y6』を使っていますが、仕事とプライベートの使い分けや、海外旅行時にとっても役立っています。

iPhoneと格安SIMをセットで

apple-iphone se 16gb-silver-450x350

iPhoneの格安スマホというのは、残念ながらありません。

ですが、iPhone SE を同時に買うことができるサービスのある会社もあります。

格安スマホ界スピード最速レベル

サポート重視!安心のセットで選ぶ

TONE (トーン)

面倒くさがり屋さん向け!

ツタヤの出しているスマートホンTONEは、料金がとってもシンプルです。
スマートフォンも2種類のなかから選びます。

買ってからの無料アフターサポートが標準でついているのが何よりの強みです。

タイトルとURLをコピーしました