NHKの解約、世帯消滅の場合|学生が実家に帰ってきた際の手続き

家族が自宅に戻ってきたので世帯消滅によるNHK解約の手続きをしました。

学生時代は家族割り引き

NHKには、『家族割引』の制度があります。離れて住んでいる学生の家族の受信料を半額にしてくれるものです。これを利用していました。

学生時代に引っ越した際に、すかさず訪問員が来て契約させられ、2重どりされて解約したという面倒なこともありましたが・・・。

この度晴れて卒業したので、家族割引の分の解約をすることになりました。

解約には必ず電話しないといけない

インターネット上のマイページでできるようにしておいて欲しいものですが、解約に関しては『ふれあいセンター』に必ず電話しなければなりません。

NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約

受信契約の解約にあたっては、所定の届出書をご提出していただきます。
解約のお手続きは、こちらまでご連絡ください。
NHKふれあいセンター(営業) ナビダイヤル:0570-077-077

『ふれあいセンター』は、かなり待たされる?

『ふれあいセンター』の電話番号は、フリーダイヤルではなく、ナビダイヤルなので有料です。

平日10時から午後4時までの間が比較的繋がりやすいというアナウンスが流れます。

私が電話したのは午後3時頃、20分くらいは待つのを覚悟で電話しましたが、5分もかからずオペレーターさんに繋がりました。

世帯消滅の解約に必要な情報

オペレーターさんに「学生の子が実家に帰ってきたので世帯が消滅しました」と言うとすんなりと手続きをしてくれました。

解約に必要な情報は、

  • 自宅(実家)の、契約者名・住所・電話番号
  • 学生(子)の、名前・住んでいた住所・電話番号・銀行口座

になります。

NHKの『お客様番号』は分かると早いかもしれません、私はわかりませんでしたが、なくても電話番号で大丈夫でした。

年払いの場合は返金してもらえる

年額前払い・クレジットカードで支払っていました。

「3月から世帯が消滅しました」と口頭で説明しただけで、(何か証明する必要なく)解約した分は返金してくれるとのことです。

返金はクレジットカードに返金ということができないので、銀行振り込みになると言われました。返金する口座名義は契約者の親ではなく、解約する学生(子)の名義の口座でないとだめだそうです。

だいたい2週間くらいで返金されるそうです。事前の通知などはなく、そのままいきなり返金されるとのこと。

ホームページには『所定の届出書をご提出していただきます。』とあるので、何か書面が郵送されてきて返送する必要があるのかな?と思いましたが、それも必要ないようです。

世帯消滅の解約は電話で簡単でした

以前、NHKに二重取りされたときは窓口をたらいまわしにされて、さんざん面倒な思いをしたのですが、今回は簡単でした。

電話をかけてから、終わるまで10分かかりませんでした(8分くらい?)

ちなみに、帰ってきた学生は4月から就職でまた家を離れますが、NHKふれあいセンターとの電話では余計なことは言いませんでした、どうせ出先ですぐにNHKきますしね!テレビも設置するかどうかすらわかりません。今後はスマホ持ってるだけでも受信料とられるのかな??

とにかく、解約の手続きは思ったより簡単でしたので、世帯消滅がきまったらさっさとやったほうがいいですね!

タイトルとURLをコピーしました