本格的な名刺の作り方-Canva(キャンバ)とVistaPrint(ビスタプリント)使用

簡単な名刺は自宅のプリンターでも印刷は可能ですが、本格的な名刺を作るには印刷業者で印刷してもらうのが一番です。
自宅で印刷する手間と仕上がりの良さをかんがみると、費用もそれほど高くありません。

ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ソフトは必要ありません

名刺のデザインをする場合、プロが使っているのはIllustrator(イラストレータ)というソフトです。
これは最低でも月額2100円いたします。


Adobe Illustrator CC|12か月版|パッケージコード版

Word(ワード)でもできなくはないのですが、デザインにはあまり向いていません。

そこでおすすめなのがCanva(キャンバ/カンバ)というウェブアプリです。
インターネットに接続していれば登録だけで無料で利用することができます。

Attention Required! | Cloudflare

Canvaで名刺デザインを作る

初めての方はまずCanvaに登録してください。

https://www.canva.com/
↑こちらから

ログイン前の画面はこんな感じ

ログインするとこのような画面になります。

まずは右上の『カスタムサイズ』という所をクリックします

サイズがとても大切です、ここを誤ると求めるサイズで印刷されません。

名刺の場合『91 × 55 mm』単位はミリにしてください。
※Canvaであらかじめ用意されている名刺サイズは海外のサイズで日本とは少し違います。

白いキャンバスができたら・・・

お好きにデザインしてください。
背景画像はご自分のパソコンから好きな画像をアップロードできます。

原稿ができたら

右上の『パブリッシュ』をクリックし、『ダウンロード』

ファイルの種類を『PDF(印刷)』にします。
『トリムマークと塗り足し』はチェックせずそのまま。

PDFファイルがダウンロードされます。

ファイル形式は?PNGやJPGじゃだめなの?

PNGやJPGの場合、印刷すると画質が落ちる場合があります。
印刷所にデータを送る場合はPDFにするのが適切です。

Vistaprint(ビスタプリント)を利用する

Vistaprintとは

インターネットで注文できる印刷所です。
ビスタプリント 名刺

日本の一般的な名刺の場合、プレミアム名刺 (55 x 91mm)というところをクリックします。

デザインデータを入稿 アップロードする をクリックします。

印刷所にデータを入れることを『入稿(にゅうこう)』といいます。

アップロードしたデータを、中央の原稿エリアにドラッグ&ドロップさせ
『画像は十分な解像度です』と表示させると原稿の準備完了です。

あとは手順に沿って申し込むだけ。

裏面も印刷する場合は、裏面も別途データを作ります。

名刺作成画面の下側

『裏面を追加』をクリックしてデータをアップロードします。

Vistaprintにも豊富なデザインがあります

Vistaprintにあるデザインに気に入ったものがあれば、文字を変えるだけで立派な名刺ができあがります。
Canvaのデザインが苦手な方は、Vistaprintのデザインを試してみては?

外国製のサービスはサイズに注意

CanvaもVistaprintも、日本語に対応していますが、本社は外国の会社です。
ですので名刺のサイズなど、日本と規格が違うものもあります。

名刺以外のデザインを作成するときも、必ずサイズを確認したうえで作業しましょう!

料金は?

カラー名刺100枚980円(税別)
カラー裏面追加の場合はプラス780円(税別)
送料は500円(税別)※ただし4500円以上の注文で送料無料。

両面カラー100枚の場合は送料込み合計1810円(税別)ですね。
白黒印刷でいいならもっと安くなります。

印刷所に頼むメリット

少量印刷するだけ、なら自宅プリントのほうが安いかもしれません。

たしかに自宅プリンターでも名刺は印刷できますが、印刷のクオリティは低いですし、紙を切った裁断部分も気になります。
裏表のずれも調整するのがなかなか難しいもの。
印刷用紙代、インク代、印刷する手間を考えると、2千円弱で本格的な名刺が作れるならお得ではないでしょうか。

Vitaprintは私も何度も利用しているサービスで、名刺だけでなく住所シールなど楽しい商品がたくさんあります。

注文しなくても、まずはデザインを作ってみるだけでも楽しいですよ。

ぜひ良かったら使ってみてくださいね。→ ビスタプリント 名刺



タイトルとURLをコピーしました