iPhone (アイフォン)とは?iPhoneを安く使うには?

一番普及しているスマートフォン、それはApple(アップル)社が出している、iPhone(アイフォン)です。
iPhoneしか使いたくない方も多いのではないでしょうか。

iPhoneとは?

iPhoneは他のAndroidなどのスマートフォンと違って、独特です。

スマートフォンブームの火付け役は間違いなくこのiPhone

今のスマートフォンの爆発的な普及があるのは、ひとえにこのiPhoneのおかげです。

なぜこんなにブームになったのか、それはやはり使いやすさ、便利さからです。

どんなに機能が優れたものでも、はじめての方にとって難しいものであれば、人気が出ることはなかったでしょう。

iPhoneと他のスマホは何が違うのか?

OS(オーエス)という、スマホを動かしている基本のプログラムが異なっています。

OS(基本プログラム)を文字で書かれた『本』でたとえてみます
『英語』で書かれている本と、『日本語』で書かれている本の違いのようなものです。

出来ることなどだいたい内容は同じですが、全く違うことばで書かれています。

iPhone以外のスマホは、ほとんどがAndroid(アンドロイド)という基本プログラムで動いています。

だからiPhoneだけが、メニューやアイコン(画面のボタン)のデザインがかなり違います。

ですので、iPhoneを使い慣れた人がAndroidのスマホを触ると
「あれ?これはどこを押すんだったっけ?」と戸惑うこともあります。

どちらを選んだほうがいいのか

安さで選ぶならAndroidです。Androidは高級なスマートフォンもたくさんありますが、安いものもたくさん出ています。
予算や好みに合わせて、いろいろ選べます。

iPhoneは、一種類しかありません。正確には、大きさや、中に入っている機械の性能で数種類ありますが、外から見た見た目は、ほぼ全て同じです。

すべてが同じ、つまり迷わないというのがiPhoneの強みでもあります。

iPhoneを安く使うには

iPhoneの格安スマホはない

iPhoneに慣れた人の多くは、iPhone以外使いません。
それは悩まなくて済むからです。

また性能もはずれることがなく、買って失敗することはないので、安心です。

どんなに高くても、iPhoneが好きな人は、買います。
なのでiPhone本体は一切値下げされませんし、格安モデルは売っていません。

iPhoneのような見た目の、すごく安いスマートフォンがネットで売っていることもありますが、全て偽物です。

iPhoneを格安で使う方法

SIMフリーのiPhoneを公式サイトで買い、格安SIMで使う

一番のおすすめはこれです。

iPhoneの新品はとても高いですが、それだけの価値はあります。

高いとはいえ、現在一番安い型式の、iPhoneSE(アイフォンエスイー)が意外とお値打ちと感じる方もおられるかもしれません。

Appleの公式サイトで、iPhoneの新品を買い、iPhoneに合ったサイズの格安SIMを挿して使います。

Appleストア公式 iPhoneのコーナーはこちら

iPhoneを中古で手にいれ、格安SIMで使う

人気のスマートフォンiPhoneは、中古でも市場にたくさん出回っています。
ただし、中古で買う場合はトラブルの可能性がありますので、全くの素人さんにはあまりおすすめはできません。

特にネットは品質にばらつきがあるので、よくわからないときは危険性が高いです。
店舗を構えているお店で買うのはまだ良いかもしれませんが、あまり安くなっていないことも多いので、新品を買ったほうが長く使えて結果お得になります。

中古を手に入れたときの注意

どこのキャリア(docomoか、AUか、ソフトバンクか)か、SIMフリーかが重要です。
SIMフリーなら問題ないのですが、残念ながらソフトバンクのiPhoneは格安SIMが使えません。

AUでも使える格安スマホはありますが、格安SIMを挿して使うことを前提に中古を手に入れるなら、必ず、SIMフリーまたはドコモのものを選んでください。

もちろん今iPhoneを使っているなら、格安SIMに差し替えれば節約できます

ソフトバンク以外のiPhoneなら、格安SIMに乗り換えられます。電話番号も引継ぎの手続きをすれば大丈夫。
ただし、ドコモショップなどのサポートは受けられなくなりますので、その点は注意してください。(本体の故障は、保証書にある保証期間なら、SIMを変えても見てもらえますよ。)

アップルの公式から買ったiPhoneなら、アップルストアでサポートが受けられます。(保障に入っていないと有料)

無理に、今の契約をやめて、格安にしたほうがいいというわけではありませんが、月々の差額が数千円以上になることを考えて、どちらが結果的にトクかを、よく考えて決めることをおすすめします。

場合によっては、2年契約の違約金を払ってもトクする場合があります。

タイトルとURLをコピーしました