Google Analytics(グーグルアナリティクス)初心者用 最低限・基本の見方

ホームページやブログのアクセス解析ができるGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)は、非常に細かに分析ができますが、機能が多すぎて戸惑うことも多いかと思います。
ここでは、最低限これだけ見ておけば良いという点をお伝えします。

Google アナリティクスにログイン

Google Analyticsのページを開きます
https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

または『グーグルアナリティクス』などと検索してもOKです。

GoogleにGoogleアカウントでログインします。

Googleアナリティクスへの登録方法はこちら

Googleアナリティクスのトップページ

このような画面になっています。

アカウント、プロパティ、ビューと、聞き慣れない単語がでてきますが、最初のうちはあまり気にしなくて構いません。

アクセスが見たいドメインの下をクリックと覚えておいてください。

メニューバーのレポートをクリックしてもOK

上のメニューバーの、『レポート』という部分をクリックしてもOKです。

リアルタイム > サマリー

サマリーとは、概要・概略という意味です。
必要最小限の情報がピックアップして表示されています。

今現在サイトを訪問している人の数、見られているページを見ることができます。
アクセスが集中すると、この数字が数百数千になります。

ユーザー > サマリー

訪問者(サイトを見ている人)の概要をみることができます。

新規か、再訪問か
どの地域からきているか
言語は何か、
などが表示されます。

集客 > 全てのトラフィック > チャネル

訪問者が「どうやってたどり着いたのか」が表示されます。

検索エンジン、リンク、直接(お気に入り)などの比率がわかります。
青い文字はリンクになっていますので、クリックするとさらに詳細を見ることが出来ます。

行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ

ページの訪問状況を見ることができます。

  • ページビュー数: ページが開かれた数です、同じ人が複数回開いても数に入れられます
  • ページ別訪問数: ページに来た人の数です、複数回来ても1回ですが、同じ人がパソコンとタブレットなど別々に見た場合は複数になる場合があります。
  • 平均ページ滞在時間: ページを開いている時間です。時間が長いとじっくり読まれていることになります。
  • 閲覧開始数: そのページが最初のページかどうかがわかります。
  • 直帰率: ページを開いてそのまま去ってしまったかどうかの比率です、100%の場合、他のページを見ずすぐに去ってしまう人ばかりということになります。
  • 離脱率: そのページが最後のページかどうかがわかります。
  • ページの価値: そのページで自分の商品が売れた場合にカウントされますので、ゼロでも気にしなくて大丈夫です。

以上の部分だけでもチェックしていれば、だいたいが把握できます。
毎日一度はチェックしてみましょう。

Google
この記事を書いた人

フリーのパソコンインストラクター、WEBコンサルタントをしています。
愛知県瀬戸市で小規模のブログ勉強会を運営中

サエコをフォローする
SAEKOSENSEI.com
タイトルとURLをコピーしました