ネット副業:フリーランスデザイナーについて

クラウドソーシングから始めることがやりやすい業種。デザインといっても多岐にわたり、ウェブサイトのデザインから、バナーなどのウェブグラフィックの仕事、また印刷物の仕事も依頼がとりやすく、文字だけの仕事よりも高単価が得やすいです。

サイトを作る仕事などと並行して、デザインの技術を身につけると他と差別化できるようになります。自分でサイトを作る際や、名刺やチラシなども作れるようになればあらゆる場面で有利。

仕事として請け負うとなると、アドビのフォトショップとイラストレーターはほぼ必須。学習するのは大変な部分もありますが、基本的なデザインのセオリーを知るだけでも、活躍の幅は広がるので、間口を広げたい場合はぜひ学んでみては。

フリーランスデザイナーのメリット:

ネットだけでなく、現実世界でも、仕事が見つけやすい。高単価がつきやすい。

フリーランスデザイナーのデメリット:

技能取得の道のりが長い、センスも必要とされる場合がある。依頼者との打ち合わせをしっかりしないと、労働に見合った価格にならない場合がある。営業力、交渉力が必要とされる。

スキルアップのために:

基本的なことから、しっかりと身に着け、簡単なことからはじめて実績を作って行って見ましょう。それほどセンスはなくても、デザインの知識さえあればある程度の仕事はできるようになります。それよりも、仕事をとってくる能力、依頼者の要望をくみ取る能力などが必要とされます。社会生活において重要な技能を身につけていけることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました