格安SIMは、今持っているスマホで使える?ドコモ・AU・ソフトバンク

格安SIMは差し替えるだけで電話料金が安くなる、大変便利なものですが、お手持ちのスマートフォンなどの携帯端末で使えるかどうか確認することが大変重要です。

今持っているスマホやタブレットのSIMを解約し、格安SIMに引っ越すと、月々のスマホ料金は劇的に安くなりますが、ちゃんと確認しないと使えない場合があります。

格安SIMを購入する際のチェックポイントは以下の通りです。

お手持ちのスマートフォンは、SIMフリーまたは、社名入り?

SIMフリーの場合

各社、格安SIMが使えます。
購入時の説明書などに『SIMフリー』と記載されています。

SIMフリーと書かれておらず、本体に『docomo』などのロゴマークがある場合は、ドコモのキャリアスマホです。

SIMロック解除端末

スマートフォンを購入した会社の窓口で、SIMロック解除という手続きをしてもらうと、どの会社の格安SIMも使えるようになります。
手数料がかかる場合があります。(1万円程度)
SIMロック解除ができないスマートフォンもあります。

docomo ドコモの端末

docomoのマークがあるドコモスマホ
docomoのマークがあるドコモスマホ

格安SIMはほとんど、ドコモのスマートフォンでそのまま使えます。
(UQmobile/[mineo-txt]のAU SIM以外)

ですので、お金を払ってSIMロック解除しなくても、ドコモのスマートフォンならそのまま使えます。
(ドコモのものでも対応しない機種もあるので確認が必要です。)

AU エーユー の端末

現在、AUのスマートフォンで使える格安SIMは、UQモバイルとmineoしかありません。
そのどちらかから選ぶことになります。

その二つとも、非常にいい格安SIMです。
たくさん使うならUQモバイル、ちょこっとならmineoというように選べば良いと思います。

価格は選択肢が少ない分ちょっとだけ割高ですね。

softbank ソフトバンクの端末

残念ながら、ソフトバンクは使える端末に非常に限りがあります。
SIMロック解除ができる端末ら、することで使えるようになります。

ソフトバンク:SIMロック解除可能端末
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

SIMロック解除できないソフトバンクの方は、機種ごと買い換えたほうが良いかもしれません。

動作確認機種かどうかを確認

格安スマホの会社のホームページには『動作確認機種』というものが掲載されています。
その一覧に載っていれば安心です。

ただし、載っていなくても動くものもあるにはありますが、ちょっとした挑戦になってしまうので、確認機種でないものでいきなり試すのは、初心者の方にはあまりおすすめできません。

SIMカードのサイズを確認

sim

SIMのサイズには、『nano SIM (ナノ シム)』『micro SIM (マイクロシム)』『標準SIM』の3種類があります。

ざっくりと以下のようになります。

  • 標準SIM:ちょっと古い携帯、スマホやルータなど
  • micro SIM:標準的なAndroid(アンドロイド)端末
  • nano SIM:iPhoneや新しい機種

お手持ちのSIMがどれかわからない場合、サイズを必ず確認してください。
大きさが違うと、入らないので一切使えません。

※アダプターなどで大きさを調整するものが非公式に売られていたりしますが、機械を壊す可能性があるので、使わないことを強くおすすめします。

携帯電話(ガラケー)では使えるの?

今、ガラケーをお使いの方、余っている方。
格安スマホで使えないかなーと思われるかもしれません。

音声通話SIMなら、通話には使えますが、データ通信ができません。(iモードなどやメールなどの機能が一切使えません)
ですので、お得にはなりません。

携帯電話専用SIMもあるようですが、当サイトは格安スマホを使うことのご説明なので、ここでは触れません、ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました