iOS (iPhone, iPad)の、カメラで撮影した写真に位置情報(ジオタグ)を自動でつけないようにする設定

デジタルカメラで撮影した写真には、ジオタグという位置情報が自動で含まれます。
今回は、iOS(アイオーエス)、つまりiPhone(アイフォーン)iPad(アイパッド)で、位置情報をつけない設定をご説明します。

ジオタグとは

簡単にいうと、地球上の緯度と経度を表す情報です、これを使うと写真が撮影された位置が簡単にわかってしまいます。

ジオタグの危険性

旅行の写真なんかは、場所がわかると楽しいものですが、自宅で撮った写真などを悪意のある人が自宅を特定してしまうかもしれません。

スマホやデジカメの設定で、普段はジオタグが含まれないようにしておくとひとまず安心です。

※ただし、最近のGoogleは推測で位置を特定しますので、ジオタグだけが消えていても完全ではない場合があります。

iOS (iPhone, iPad)の設定の仕方

私はiPhoneを持っていませんので、iPadの画面でご説明します。
画面の位置が若干違いますが、メニューの名称、アイコンなどは一緒ですので、iPhoneの方はご了承ください。

『設定』アイコンで設定を開きます

『プライバシー』のメニューを開き、『位置情報サービス』を選択します

『位置情報サービス』から『カメラ』を選択します。

位置情報の利用を許可のところを『許可しない』を選択すれば完了です。

これで、カメラで撮影したとき、位置情報のジオタグがつかなくなりました。

ジオタグ・位置情報を自動で消してくれるサービス

以下のブログ、SNSはジオタグなどの位置情報を自動で消してくれますので、安心して使ってただけます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • mixi
  • アメーバブログ
  • メルカリ
  • はてなブログ(撮影日、カメラ種類は残る)
  • livedoorブログ(設定で変更)
  • Seesaaブログ(設定で変更)

※ WordPressは、自動にするにはプラグインのインストール・設定が必要です。

撮影後からジオタグを消すには

スマホの場合は、ジオタグを消すアプリがあります。

パソコンの場合は、画像のプロパティから個人情報を消すことができます。

iOSでのカメラ位置情報をつけないようにする方法まとめ

私は普段Androidを使っていますが、受講者さまからiPhoneの方法をご質問いただいたので調べました。

少しわかりづらい場所にありましたね。

ジオタグは旅行のときは楽しいですが、うっかり自宅を特定されてしまう危険性もあります。

自動で消去してくれるサービスもありますが、そうでない場合も多いので、あらかじめ予防しておくことも大切です。

タイトルとURLをコピーしました