ネットで副業をする3つのメリットを、20年間インターネットを使った仕事をしてきたパソコン講師がお伝えします

明日、1月11日より、瀬戸デジタルリサーチパークセンターにて、
『ブログではじめるインターネット副業入門』を開催いたします。

それにさきがけまして、本日は、『ネットで副業をする3つのメリット』と題し、受講者さまのみならず、インターネットの副業に興味のある方に向け、その利点を簡単にご説明いたします。

講師について

インターネットが発明され、一般に導入されたとほぼ同時に、インターネットを使った仕事をはじめ、その後ずっと途切れることなく複数の稼業をかけもってきています。

今まで約20年、めまぐるしく仕事の形態が変わっていくところも目の当たりにしてきました。

一つのことに固執すること、成長せずにいることの恐ろしさ、そして、病気になったとき、自動で収益があがる副業のありがたみを身に染みて知っています。

ネットで副業をする3つのメリット

1. 安心を得ることが出来る

インターネットで副収入を得られるようになると、経済的にはもちろん、精神的にも安心できるようになります。

先行きの不透明な現在の情勢。年功序列や終身雇用は近いうちに完全に崩壊するでしょう。
大企業に入っても、いつ倒産やリストラになるかわからない。
健康保険、社会保障、年金はどんどん引き下げられ、一億総活躍社会の名のもと、年をとっても病気になっても、働いて税金を納めなければならない時代がすぐにやってきます。

本当に未来に期待はないのでしょうか?

私はそうは思いません。
インターネットの中には希望だらけです。

年をとっても、健康ではなくても、外で働く仕事よりも、インターネットの仕事はハンディキャップの幅がぐっと狭まります。
これからでもできることはたくさんあります。

複数の収入の流れを持っていると、一つが倒れても、他で支えることが出来ます。

そして、経済的なゆとりは、精神的な安心にもつながります。

精神的にゆとりを持てる人が少しでも増えれば、未来に希望が持てて、社会も安定することでしょう。

2. 成長することができる

インターネットで副収入を得ようと努力することは、ご自身を常に成長させることができます

今の時代、IT(コンピューターやインターネットなど)の知識は必須です。
勉強しなければ、、と思っても、義務的に課せられる学習は、つらい、つまらないものです。

もしも、勉強すればするほど、収入がアップするのであればどうでしょう?
現金な話ですが、見返りはないようりはあったほうがヤル気が出ますよね。

インターネットで収入を得るためには、

  • パソコンやスマホなどの機械の知識
  • インターネットのしくみの知識
  • 読解力・文章能力
  • 画像・動画処理

等の、さまざまな能力(スキル)を向上させることができます。
この能力は、ネット上だけでなく、社会生活でも将来にわたり、大いに役立つものとなります。

3. 騙されなくなる

インターネットで副収入を得ることを知ると、ネットの嘘に騙されなくなります。

みなさまは、インターネットで検索(調べ物)をされたことがきっとおありになると思います。

そこで表示された結果はいかがでしたでしょうか?
トップに表示された情報が、本当に正しいかどうか、よくお調べになりましたか?

検索トップに表示される内容が、一番正しい情報であるという保障はありません。
多くの結果、特にお金で買える商品に関しては、その結果が仕組まれたもの(広告)であるということがほとんどです。

また、デマも非常に多いです。インターネットは怖い、嘘ばかりと警戒する方も多いようです。

もちろん、すべての情報が間違っているわけではありません、ただ、なぜその情報が検索結果に出ているのか、その裏側を常に意識していくことが大切です。

それは、ただ見ているだけではなかなか判断することは難しいです。

ご自分がネットで副収入を得ようとする側になると、その仕組みがわかってきます。

そして、嘘を嘘と見抜ける力がつくようになってきます。

この情報にあふれた社会で、騙されなくなるということは、生きる上でとても大切なスキルです。

・・・あ、知識を得たからと言って、間違っても、騙す側になってしまうことのありませんように。。

ネットで副業をする3つのメリットをご説明しました

以上のように、ネットで副業をすることによって、収入を得るだけでなく、もっと多くのメリットを得ることができます。

簡単に、すぐに儲かるということは決してありませんが、希望を持てる仕事であることは間違いありません。

何もしなければ、一ミリも進みません。

「今はまだいい」「はした金を稼いでもしかたない」と言っているうちに、世の中はどんどん変化しています。

まだ余裕がある、今からこそ、できることから、楽しんで始めてみられてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました