ブラウザがHao123(はおいちにいさん、ハオイーアルサン)になってしまったのはなぜ?

b-DSC06361

本当によくご相談をいただきます。

ブラウザ、インターネットを見るトップの画面が
『HAO123』というものに変わってしまっている方から。

何もしていないのに
いつの間にか、
そうなってしまうとおっしゃるんですね。

「ウイルスですか?」
「Yahooの画面に(グーグルの画面に)どうしたらもとに戻りますか?」

今日まず、なぜそうなってしまったのか、予防策についてお答えしたいと思います。

直し方については、初心者の方には複雑なため、この記事ではあえて詳しくは書きません。
レッスンまたは別の機会でお知らせします。

Hao(ハオ)123って何?ウイルス??

これをインストールしてしまうと、ブラウザ(インターネットエクスプローラー等)を開くと勝手に画面がHao123になったり、漢字変換がBaiduという使い慣れないものになってしまったりします。

このように、意図せず画面を奪われる、ハイジャックされることから『ブラウザハイジャッカー』と呼ばれ、迷惑がられています。

結論から申し上げますと、ウイルスではありません。
中国の大手IT会社、『百度(Baidu バイドゥ)』の運営するポータルサイトです。

ポータルサイトとは、色々なサービスをまとめたホームページ。
例えばYahooのトップ画面などがそれにあたります。

こんなCMもテレビで流れました。

Hao123体操 CP告知Ver

公式動画です。

『百度(Baidu バイドゥ)』自体は、ちゃんとした大手のIT会社ではあります。

中国ということで若干怪しい印象もありますが、自分から選んで使おうとすれば良いサービスもあります。
私自身はBaiduクラウドというものを利用したりしています。(このことはまた別の機会で)

ただ、いくらウイルスでも、違法なものでないにしても、
ご自分の意図しないところで、勝手に画面を変えられてしまうのは、いただけませんよね。

ここが、皆様に迷惑がられている点です。

どうしてこうなった? ハオ123が勝手にインストールされる原因

ただし、実は、このHao123は、勝手に入ったのではありません。
ご本人の同意の上でインストールされた(パソコンの中に組み込まれた)のです。

「何いってるんだ!同意した覚えはないぞ!」
そいういったお叱りはごもっともです。

お気づきにならないうちに、同意をしてしまっていたのです。

おそらくはフリーソフト(無料アプリ)をインストールする際、
ボタンをすべて「次へ」「次へ」と何の気なしに押していった。

もしくは、英語で何を書いてあるかわからないから、とりあえず「OK」を押していった。

その途中経過にHao123(もしくはBaidu)をインストールする同意チェック(☑)をそのままに進んでしまったのです。

「インストールしたのは、有名なやつで、変なソフト(アプリ)じゃないぞ!」
こう思われる方もいらっしゃるでしょう。

変なソフトでなくても、たくさんの方が使っている有名なソフトでも、
バンドルといって、(欲しくもない)オマケとしてついて来ることがあるのです。

なんでそんなことするの?Hao123の目的は?

おそらくは広告収入でしょう。
お客さまの画面を勝手に自分たちのホームページに差し替え、そこを通ることによって会社が儲かるというわけです。

広告収入を得たり、ホームページに人を集めるのは悪いことではありません。
どんなサイトでもやっていることですが、やはりよくわからない初心者の方を戸惑わせるようなことはあまり感心できません。

ちなみに、Hao123だけでなく、Ask.jpや、Amazonアシスタントなども同じような手法でインストールをうながしてくる『ブラウザハイジャッカー』の一種です。

↓以下の画像はJAVAというとても有名なプログラムのインストール画面ですが、このようなものが出てしまいます。

java

このチェックをはずさないと、全てのブラウザの画面がアマゾンになってしまうのです。
アマゾンもご存じのとおり、有名なちゃんとした会社です。

このオプションは、アマゾンがやっているのではなく、JAVAの会社が広告収入か、代理手数料をもらって収益を上げるために組み込まれているのだと考えられます。

ですが、それでも普段ヤフーやグーグルをトップにしているのに、アマゾンに変わってしまって、簡単には戻らないと不便ですよね。

ブラウザハイジャックは犯罪ではない

ちゃんと、読んで、同意オプションを外すという選択肢を、利用者に与えているので、悪いことをしているわけではありません。

ネットではなく、実社会でも契約書などでは、利用者に不利な情報は、小さく細かくわかりづらくして、良い事ばかりを大きく書きますよね。
世の常です。

「ちゃんと読まないほうが悪い」といわれても、納得できないかもしれませんが、こっちが注意するしかありません。

どんなソフトでも、インストール画面に出てくる文字は、面倒でもしっかりと読みましょう。

わからない場合は、ネットで調べたり、わかる人に聞くなどして、納得するまでインストールしてはいけません。

以前は大丈夫だった、といっても、次のバージョンから広告(ブラウザハイジャッカーといえるもの等)が仕組まれているかもしれません。

無料ソフトは、ボランティアだけで開発をつづけられるわけはなく、広告などの何かで収入を得ないと、ソフト製作者さんは生活できませんので理解をしてあげてください。

もちろん、作者さん、制作会社を応援するために、あえて同意するというのも、ないわけではありませんが、私はあまりおすすめしません。

ブラウザが代わったりツールバーを入れられたリするのは、気持ちのいいものではありません。
ですので、私としては、有料版があるならそれを正当に買うということが一番だと思います。

インストールに同意画面も出てないで、勝手に他のソフトをインストールされた場合、それはれっきとした犯罪です。
そういった悪いソフトは、ネット上に悪評が出ているはずですので、事前にちゃんと調べることが必要です。

悪いソフトを無理やりインストールさせて、収入を得ようというサイトが検索の上に出てくる場合がありますので、これも要注意です。

見極めに自信のないうちは、とにかく自分で判断しないことが大切です。

Hao123になってしまったものをもとに戻すには

まず、プログラムの追加と削除から、BaiduやHao123関連のものを全てアンインストールします。
もしかしたら、一覧にないかもしれません。
わざと、アンインストールさせづらく、隠していることが多いです。

次に行うのが、ブラウザを一つずつ開いて、『拡張機能』の中からHao123関連を削除していきます。

ネットで『Hao123 削除』などと検索するとたくさん方法が出てきます。
ですが、初心者の方には難しいかもしれません。

また、Hao123に感染している場合、ちゃんと検索結果が出てくれないことも考えられます。

変にいじると、調子が悪くなることも考えられますので、自信が無い方は下手にさわらず、詳しい方にまず相談するのが安全です。

ブラウザハイジャッカーのトラブルを防ぐには

身元のはっきりしたソフト(アプリ)なら、ちゃんとインストール時に表示される画面をよく読んで、慎重にインストールすれば、引っかかることはありません。

ただ、どれが身元のはっきりしたソフトか、区別がつかない場合もあるかもしれません。
また、英語で書かれていたりして、意味がつかめなかったり、巧妙に同意チェックが隠されていることもあるかもしれません。

特に『softnic(ソフトニック)』というところのソフト(アプリ)はダウンロードしないのが賢明です。

なにはともあれ、フリーソフトは、詳しい人に確認してからインストールするのが安心です。

瀬戸市の方は、ぜひ、私とのレッスン時聞いてくださいね!
(最後は宣伝になってしまいました、笑)

タイトルとURLをコピーしました