海外から着信『国際ワン切り』詐欺電話にご注意

その他 雑談

突然、身に覚えのない +(プラス)で始まる番号から着信があり、すぐに切られた場合、それは『国際ワン切り詐欺』の可能性が高いです。

着信音1回(英語でOne)で切るので『ワン切り』と言います。

リベリアからの着信?

私も先ほど、通知が1回だけ鳴って、番号を見てみると国番号+231からはじまる『リベリア』からの着信でした。

リベリアに知り合いも心当たりもありませんので、これはほぼ間違いなく詐欺電話です。

リベリア以外にも、

+222(モーリタニア)
+93(アフガニスタン)
+65(シンガポール)
+45(デンマーク)
+247(アセンション島)
+213(アルジェリア)
+224(ギニア)

等など、、あらゆる国からかかってきます。

国際ワン切り詐欺の仕組み

これがどう詐欺と結びつくかといいますと、着信を受けた人(あなた)がその電話番号にかけなおすと、通話料が発生します。その通話料は、30秒で数百円と大変高額になります。

国際通話の業者が詐欺グループと結託し、通話料の一部を詐欺グループに支払って儲けるという仕組みです。

国際通話の業者がそんなことをするの?とお思いでしょうが、世界には悪質な通信業者も存在するのが現実です。

かけなおしさえしなければ、実害はありません。

かけなおしてみるとどうなるの?

検索してみると実際にかけなおしてみた人がいます。

その方のレポートによると、英語ではないその国の言葉と思われる言葉を話す人が出て、ずっと一方的に話していたりするそうです、これは録音音声かもしれないとのこと。

また、「電話をおつなぎしますのでしばらくお待ち下さい」といったような引き延ばしの音声が流れ続けることもあるようです。

興味があっても絶対にマネしないでくださいね!

国際ワン切りが来た場合の対処法

絶対にかけなおしてはいけません。とにかく無視です。

早朝の時間や深夜にかかってきたりもして、鬱陶しい場合もありますが、ガマンしかありません。

番号を着信拒否(ブロック)にすることも可能ですが、全然別の番号からまたかかってきたりするので、完璧な防御法がないのも現状です。

とにかく無視無視!

迷惑な話ですね。

↓各種報道記事にもなっています

海外から謎の着信…「国際ワン切り詐欺」にご注意を!
 見知らぬ海外の電話番号から携帯電話に着信があり、出ようと思ったらすぐに切れた―。こんな不審な電話が相次いでいる。かけ直した際に利用者が支払う電話料金の一部が…

みなさまお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました