マイクロソフトのブラウザ『Edge(エッジ)』が新しくなりました

Windows10に最初から入っているブラウザ『Edge(エッジ)』が新しくなったのでインストールしてみました。

ChromiumベースのEdge

新しいEdgeは『Chromium(クロミウム)』というオープンソースのブラウザがベースになっています。

Chromium は Google Chrome(クローム)のソースコードを引き抜いて作られているプロジェクトです。

早い話が、Edgeの操作感がChromeっぽくなったと思えばよいかと思います。

Edgeは今までちょっと使いづらかったので、Chromiumベースになったことで、使いやすくなるのかな?と思います。

↓詳しいことはこちらで

Chromium - Wikipedia

新Edgeのインストール

Windows10の左下のWindowsマーク(田)をクリックすると、↓こんな表示が出るようになりました。

なので『今すぐダウンロード』をクリック

このような画面になるので、『Download』をクリック。

同意してダウンロードしていきます『Accept and download』

ダウンロードされたら『実行』します。

ブルーのボタンを押していけばインストールが進行していきます。

インストールが完了したら、『Get started』ではじめます。

ブラウザのお気に入りのインポート

最初に、お気に入りをインポートするかどうか聞いてきます。(画面撮り忘れました・・・)

ボタンを押すと、今まで使っていたブラウザからお気に入りがすべてインポートされますので、今までと同じように使い続けることができます。

お気に入りのインポートは後からでもできますのでご安心を!

新Edgeの日本語化

最初の状態だと、私の場合は英語になっていたので、日本語に設定を変えます。

右上の『…』をクリックして、下のほうの『Settings』を選択します。

Add Languagesで、日本語を追加します。

Japaneseが表示されたら、その右側の『…』をクリックし。

『Display Microsoft Egde in this language(マイクロソフトEdgeをこの言語で表示)』を☑チェック入れます。

『Restart』をクリックして、Edgeを再起動したら表示が日本語になります。

新Egde使った感触

さくさく軽くていい感じかもしれません。Chromeと同じような挙動で親しみやすいです。

私はChromeで慣れてしまっているので、これからもChromeを使っていきますし、今まではおすすめの第一位として初心者の方にもChromeを進めてきましたが、、、

あえてChromeである必要のない方には、IEからの移行として新Edgeはおすすめの筆頭になりそうです。

WEB
この記事を書いた人

フリーのパソコンインストラクター、WEBコンサルタントをしています。
愛知県瀬戸市で小規模のブログ勉強会を運営中

サエコをフォローする
SAEKOSENSEI.com
タイトルとURLをコピーしました