書籍『コーディングフォービギナーズ SCRATCH』 感想

こちら、図書館で借りて読了しました。

コーディング フォー ビギナーズ 感想

最初に手にとったときは、ごちゃっとしていて見づらいなぁと思ったんですが、他の入門書を一通りやって戻ってきたら、すんなりと進めていけるようになりました!

イラストがとってもおしゃれで、やっていて楽しくなりました。

素材はダウンロードじゃなく、書籍のScratchアカウントからリミックスして使うということで、初めてそのあたりの一連のことを体験できました。

コーディングは実直で、わかりやすく、言う通りにやっていくとちゃんと動いたのでストレスなしです。

Scratchのバージョンは古いですが、3.0でだいたい何がどの位置にあるかわかるようになってからならそんなに戸惑うことなくやれると思います。

ゲームはムズくて、全然クリアできませんが・・・(私が下手なだけ)

かなりオススメです。姉妹書のPython編も興味あるのですが、とりあえず後に回します。

Amazonで全然評価ついてないし、図書館の本も折り目もないくらいキレイで全然借りられてないっぽかったですが、良書ですよ!

対象年齢

小学校4年生くらいからがいいんじゃないかと思います。

プログラミングサンプル

私が本を見て作ったサンプルの例です。お手本と多少変えて作っています。

むかしむかしあるところに

キャラクターが勝手にお話をします。

宇宙船

これも私には激ムズです、すぐにぶつかっちゃいます。

バーチャルペット

キモ可愛いペット

ジャンプ

ムズすぎて自分でクリアできたことがない(笑)

風船割り

ゲームオーバーで音を止めたいけど止め方がわからない(笑)

レーシングカー

運転激ムズ、くるくる回転しちゃいます。これでいいのか・・・?(笑)

コーディングフォービギナーズ Scratch まとめ

終始一貫して楽しくプログラミング遊びができました。他の本ではあまり触れられないバックパックやリミックスについても良く知ることができました。

海外の雰囲気そのままのおしゃれな絵本のようなプログラミング本です。女の子にもおすすめ!

プログラミング
この記事を書いた人

フリーのパソコンインストラクター、WEBコンサルタントをしています。
愛知県瀬戸市で小規模のブログ勉強会を運営中

サエコをフォローする
SAEKOSENSEI.com
タイトルとURLをコピーしました